人生/一般

人生/一般

本物とは何か

人間の本質である「嘘」 人間の定義を裏側から述べれば、"嘘を吐くことのできる動物"と言えます。 嘘を吐くためには、主観と客観を往復したり、過去の記憶から未来を予測したり、言葉や表情など様々な次元のメッセージを駆使したり、動物とは異なるか...
人生/一般

自責とは何か

自責と自己責任 「自責」と「自己責任(自己責任とは何かを参照)」はよく似た言葉ですが、その意味するところは異なります。 「自己責任(self-responsibility)」は、自己が責任(responsibility)の主体であるとい...
人生/一般

逆張りとは何か

流行する逆張り 一般に受け入れられている意見に対し、反対の意見(否定、批判、逆説など)を述べることを、通俗的に「逆張り」などと言います。 最近、日本では「逆張り」が流行しており、テレビの毒舌芸人、逆張系のユーチューバー、ディベートで逆説...
人生/一般

理由とは何か

理由の探求 学問の基本的な目的のひとつが「理由(原因)」を探すことです。 理由が分かれば、何らかの悪い問題を解決したり、物事を良い方向へ操作的に動かしたりすることができます。 例えば、風邪をひきやすい人がいれば、その原因を探すことによ...
人生/一般

人間不信とは何か

人間不信は善くも悪くもない 人間は本質的には善でも悪でもなく、ニュートラルな存在です。 条件次第で悪にもなれば善にもなります。 人間が信じられる存在かどうかも同様、条件次第で変わるものです。 例えば、人を疑うこともなく、また人を騙す...
人生/一般

勝ち組、負け組とは何か

勝ち組と負け組 現代の俗語としての「勝ち組」「負け組」とは、競争社会における社会的地位および経済的地位の優劣を指す言葉です。 勝ち負けは評価基準によって相対的に変化するものですが、この「勝ち組」「負け組」の評価基準は非常に単純で、結果と...
人生/一般

親ガチャとは何か

※ここで述べる家庭環境とは、主にお金と教育を指しています。 親ガチャと子ガチャ 「親ガチャ」とは、生まれる家庭環境の良し悪しの運の要素を、ランダムで商品が出てくる「ガチャポン」や、ランダムでゲーム内のアイテムやキャラなどが獲得できる「ガ...
人生/一般

逃げとは何か

逃げちゃダメ? 他人に対して「逃げるな」と言ったり、自分に対して「逃げちゃダメだ」と言ったり、人間は非常に逃げることに対して敏感です。 動物は危険や面倒を察知すれば躊躇なく逃げますが、人間には妙な自尊心や、漫画のヒーローのように危険や面...
人生/一般

自己成就的予言(かんたん版)

自己成就的予言とは 自己成就的予言(自己実現的予言)とは、「予言が結果として事実になってしまう」という社会学的な法則の事を指しています。 なぜ、そういう事が生じるかと言うと、予言が予言に従った行為を生じさせるので、その行為が予言を現実化...
人生/一般

完璧主義とは何か

完璧主義者と真の完璧主義者 社会心理学者のエーリッヒ・フロムは、完璧主義に陥った人に対し、真の完璧主義者とは完璧を放棄できる人の事だ、と教え諭します。 真の完璧とは完璧の放棄、という矛盾した言葉ですが、この場合、前者は本質的な目的に対す...
人生/一般

失敗とは何か

失敗とは 成功とは、ある目的に向けた行為が達成されることです。 失敗とは、その成功の反対で、達成できないという事態を指しています。 人間の行為はほぼすべて、ある目的に向けた行為によって構成されています。 散歩や遊びのような無目的に見...
人生/一般

災厄とは何か

人生停止スイッチ 長い人生、様々な災厄が降りかかってきます。 もし、アンドロイドのように脇腹のハッチを開ければ生命活動を停止するスイッチがあり、指先ひとつで簡単に人生を停止できたとしたなら、心の繊細な日本人の人口は半分くらいになってしま...
人生/一般

後悔とは何か

なぜ後悔するのか 「後悔」とは後になって悔いることですが、基本的にネガティブな意味で使われます。 ポジティブな場合は「反省」として、前進や学びのための糧としての悔いとなります。 例えば、過去に為した窃盗を後悔し、謝罪に行き被害弁償すれ...
人生/一般

教養とは何か

善し悪しの基準 基本的の物事に優劣をつけるためには、その評価のためのある特定の基準が必要です。 物事に固定した優劣はなく、基準によって善いものであったり、悪いものであったりします。 そのもの自体はただの素材であり、善いも悪いもありませ...
人生/一般

感情とは何か

感情のメロディー 経験が少ない人の感情は比較的単純なものが多く、例えば、小さな子供の喜怒哀楽には、幼稚園児が叩くカスタネットの単独音のような、聴きとりやすい明快さがあります。 しかし、人は経験を積めば積むほど感情も複雑になり、まるでひと...
人生/一般

真実とは何か

真実なき時代 誰でも簡単に嘘を吐くこと(作ること及び流布すること)が技術的に可能になり、平気で嘘を吐くことが平均的なモラルとなり、反対に誰でも簡単に嘘を暴くことが技術的に可能になり、嘘を暴く暴露趣味で心を満たすことが流行りになっています。...
人生/一般

幸福とは何か

幸福とは何か 幸福の何であるかは人それぞれなので、「幸福とは何か」などという一般(普遍)的な問いを発しても、答えは出ません。 けれど、幸福を抽出する一般(普遍)的な「方法」はあります。 自分の幸福(人それぞれの幸福)を自分で明確に把握...
人生/一般

不安とは何か

不安の意味 ある言葉の意味を考える際、反対の言葉や類似の言葉との比較によって明確にすることが有効です。 「不安」という言葉の対義語は、「安心」です。 第一に不安とは、安心でない不安定な状態を指しています。 「不安」に一番似た...
人生/一般

天才とは何か

天才の反対は凡人ではない 多くの場合、「天才」の反対は「凡人(凡才)」だと考えられています。 また、「天才」が、先天的な天賦の才能によって、優れた能力を発揮する者であるのに対し、「秀才」は、凡才が後天的な努力によって優れた能力を獲得した...
人生/一般

怒りとは何か

防衛反応としての怒り 動物を観察すると、基本的に「怒り」とは、生命の危険に対する防衛反応だと理解できます。 ただ、人間は理性(心)を持ったより複雑な動物であり、その情動も心身両面で考察する必要があります。 そして、私的報復を禁じ、代わ...
人生/一般

正直とは何か

正直と嘘 子供の頃は皆、大人に「正直であれ」と言い聞かされます。 しかし、大人になると、「正直者は馬鹿を見る(損をする)」ことが分かり、多くの人が正直であることを止めていきます。 むしろ社会の中で生きていく際に、正直を止めることを推奨...
人生/一般

騙される原因と対処法

はじめに 日常では、「騙された」と主張する人と「騙していない」と主張する人の間の諍いが絶えません。 対立が生じる場所には、何らかの矛盾があると考え、それを明らかにすることが、理性による仲裁方法です。 この「騙される」とは、どういうこと...
人生/一般

名前とは何か

名前=存在 事物の存在というものは、基本的にそれに名前を付けることによってはじめて成立します。 なにかある事物が発見された瞬間、個人の頭の中や公けの文書の中などに、必ずそれは言葉として、何らかの形で記されます。 私が認識する「世界」と...
人生/一般

継続とは何か

継続は力 「継続は力なり」などとよく言われます。 様々な文脈で言われるので、その意味するところも色々です。 それら色々な意味の中で主だったものについて、少し考えてみたいと思います。 一、単純な意味での継続 多くの人があることを為そ...
人生/一般

愛とは何か

愛の定義 「愛」という概念の定義付けは、芸術家や宗教家の永遠の課題です。 たぶん、論理理屈だけで説明できる代物ではないので、偉い学者などより、感性や実践を重んじる彼らの方がよく理解できるのでしょう。 理屈だけでは理解できない難物だから...
人生/一般

運命とは何か

運命は変えられるのか ここで言う「運命」とは、「自由意志」の対概念としてのものです。 「自由意志(以下、意志)」が、自分の意志的な決断による選択の自由を指すなら、「運命」は、あらかじめ自分のなす選択が自分の意志以外のものに強制的に決めら...
人生/一般

デシの『人を伸ばす力』(かんたん版)

概要 人間の動機には、「内発的動機づけ」と「外発的動機づけ」という二つのものがあります。 動機づけとは、いわゆるモチベーションのことです。 たとえば、好きでランニングをするランナーは、内的な満足のために「内発的動機づけ」で走り、体育で...
人生/一般

スマイルズの『自助論』(かんたん版)

第一章、自助の精神 天は自ら助くる者を助く。 援助は人を弱くし、自立の精神を挫き、自立の欲求すらなくします。 自分で自分を助ける自助の精神こそ、人間を真に助けるものです。 多くの人は自分の力を信じず、国家(国民国家)に頼ろう...
人生/一般

九鬼周造の『「いき」の構造』(かんたん版)

言葉は歴史と文化の反映 言葉というものには、その国の文化と歴史が刻み込まれています。 ひとつの言葉の中には、どうしても他の国の言葉に翻訳できない特殊な意味やつながりが存在しています。 例えば、仏教国であり自然災害国である日本におい...
人生/一般

共感とは何か

共感の条件 管理者(親や教師や上司や先輩など)は、とかく同情や共感というものを語りたがります。 他人の気持ちを理解し行動することが社会性の基礎であり、社会の成員として生きる以上は他人に共感できるように成れ、という訳です。 しかし、...
人生/一般

ラッペの『小さな惑星の緑の食卓』

はじめに ヴィーガニズムやベジタリアニズムの主な動機となるものは、1.健康・栄養面、2.倫理・宗教面、3.政治・経済面の三つです。 特に日本は神道および仏教の国なので、自然の命を重んずるという倫理的な側面が強く押し出される傾向にあります...
人生/一般

自助とは何か

自助の精神 自助の精神を述べる有名なことわざとして、「天(神)は自ら助くる者を助く」というものがあります。 古代ギリシャから伝わるものですが、特に日本においてこの言葉が広く使われるようになったのは、明治日本の近代化において欧米的な主体性...
人生/一般

アリストテレスの『ニコマコス倫理学』(かんたん版)

幸福とは人間行動の究極目的となるもの 行動というものには、基本的にある目的があります。 そして、その目的というものは、もっと大きな目的のための手段になっています。 さらに、その大きな目的は、もっと大きな目的のための手段になっており、こ...
人生/一般

未来とは何か

時間の定義 事物の何であるかは、「定義」次第です。 定義とは、それが何であるか(本質)を述べるものです。 ある事物の定義は、時代や場所によって(さらに言えば個人によって)異なるため、たとえ同じ一つのものであっても、複数の定義を持ち、様...
人生/一般

アリストテレスの『友愛論』(2)

(1)のつづき <第九巻、愛について(続)> 第一章、 ―― 第二章、 ―― 第三章、愛の解消 愛した時とは、異なる人間になった相手に対して、そのまま愛すべきかどうかという問題があります。 先にも述べたように...