デッサンとは何か

はじめに

ここで言うデッサンとは、パースの正確なホンモノのような絵のことです。
石膏像で訓練するようないわゆる受験絵のデッサンであり、それを通して絵画における表現と技術の基本的な問題を考察します。

表現と技術

絵を描くということは、頭の中にあるイメージやアイデアを、手と道具によって具体的な形にする一連の行為全体を指しています。
ここでは前者を「表現(表現内容)」、後者を「技術」と名付けます。
当たり前すぎることですが、非常に重要なことなので敢えて取り上げます。

デッサンの上手さ=絵の上手さ、ではない

「絵が上手い=デッサンが上手い」と勘違いして、延々とそういう勉強をし続け、後になってそのヤバさに気付く人がよくいます。
要するに絵を描く際に重要な片翼である「表現」を磨くことを忘れ、「技術」のみを肥大化させ、自由に飛べなくなってしまう人達です。

例えば、デッサンの上手い人は、子供じみた『ちびまる子ちゃん』の絵や、ミミズのはったような『クレヨンしんちゃん』の絵を下手くそだと笑うわけですが、はたしてそうでしょうか。

『ちびまる子ちゃん』は、作家であるさくらももこ自身の小学生時代の日記であり、その表現を形にする技術は、必然的に「小学生の絵日記風の絵」である必要があります。
作家自身が表現したいもの(動く絵日記)を、最も適切な技術によって形にしている、非常に上手い絵であると言えます。

『クレヨンしんちゃん』が表現したいのは、そのゆる~い世界であり、必然的にその線もミミズのはった様なゆるゆるふにゃふにゃ(表現主義的なゆがみ)の絵になります。
これまた作家が表現したいものを、適切な技術によって形にしている上手い絵です。

デッサンの本質

本来の絵の上手さとは、表現したいものを適切に形に出来る技術であり、ホンモノのような絵を描く技術ではありません。

では、なぜ美術教育においてこれほどデッサンが重視されるかというと、学校教育というものが、汎用性のある教育を目指すものだからです。
要は、将来どんな職業に就く(どんな表現をする)か分からない人達には、それぞれの個別の状況を無視した、一般的で汎用性のある教育を施すしかないからです。

デッサンが上手ければ、どんな表現にも対応できます。
デッサンの上手さで有名な漫画家の大友克洋(AKIRAの作家)は、ギャグでも劇画でもアメコミでも少女マンガでも描けますが、さくらももこは決してアメコミのような立体的な絵は描けません(描く必要もありませんが)。

画像はアカデミージュリアン時代の安井曾太郎のデッサン部分です。
アルフォンス・ミュシャも通っていた学校で、安井は常に主席の成績でした。
彫刻家の高村光太郎は安井の上手い絵を、デッサンではなくただの浮彫り彫刻の真似事だと言うわけですが、本質的な問題を突いています(絵の技術で彫刻を表現してしまっている)。

技術の本質

ここで忘れてはならないのは、「表現」を形にするための「技術」であって、技術がための技術ではないということです。
まず重要なのは表現すべきアイデアやイメージやコンセプトを磨くことであり、では、それを形にするためにはどんな技術が必要かということで、今度は技術を磨くことが必要とされるのです。

デッサン偏重の時代遅れの日本の美術教育の中で、絵はいつの間にか単なる技術の競演のようなものになってしまっています。
氷で作られる白鳥の器や、キュウリで作られる美しい松の木や、ガラスのように透ける桂むきに感動し、肝心の料理の修行を忘れ、技術の練磨に没頭する和食料理人のようなものです。

手の技術はつねに機械に追い越され、亡き者とされます。
一時もてはやされたエアブラシアートは、アドビの些細なアプリに取って代わられ、世界で最も絵の上手い集団でもあったディズニーのセルアニメーター達は、CGの出現によって一瞬にして生きる場所を失いました。
それと同様、デッサンが上手いだけの絵が駆逐される日も近いでしょう。

生きつづける表現

そんな時、確固とした自分の「表現」を持っていれば、技術を取り巻く状況の変化にも対応していくことが出来ます。
日本人は技術は得意だけれど表現やアイデアを出すことが苦手だと言いますが、そんなことはどうでもいいことです。
必要な以上、手に入れるしかありませんし、苦手なら努力して克服すればよいだけの話です。

技術も究極まで突き詰めれば、それ自体が表現になってきますが、それは非常に特異で周縁的な絵のあり方です。
そんな小さな世界のために、絵を志す青年たちを総動員する必要はないでしょう。