グリーンバーグのメディウム・スペシフィシティ(1)

語の意味

「メディウムスペシフィシティ(媒体特殊性)」とは、その媒体の本質的な特性を示す概念です。

メディウム(ミディアム、medium)は、なんらかのものの間にある中間項として、それらを媒介する媒体物を指します。
芸術においては、絵画、映画、演劇などの大きなカテゴリーから、油彩画、サイレント、独演劇などの小さなカテゴリーまで、作り手と受け手を媒介するメディア(mediumの複数形)すべてを含みます。

スペシフィシティ(specificity)は、固有性や特殊性のことであり、他のものは持っていない、自分固有のかけがえのない性質(本質)のことです。
絵画であれば平面性、彫刻であれば立体性、建築であれば空間性などでしょうか。
しかし、そのものの本質(固有の特性)を決定することは非常に難しく、あらゆる分野で延々と議論され続けるものです。
例えば、脳死の議論は、根本的には「人間」の本質規定に関する議論です。

本質を決定する手続きとして、哲学者フッサールの提示した「自由変更」という概念があります。
頭の中で対象物を自由に変更していって、それがそれでなくなる瞬間の境い目が、そのものの本質のアウトラインだということです。
例えば、イスの座面の角度を30度に変更しても座れるのでイスですが、60度にすると座ることは不可能でイスではなくなり、むしろイーゼルの本質に近付きます。

具体例

具体的に考えてみます。
私たちが小学生の時に与えられた「透明水彩絵具」の「メディウムスペシフィシティ(媒体特殊性)」とは何でしょうか。

水で溶かれた薄い絵具の膜の塗り重ねによって生じる透明性と多層性。
水で溶かれた曖昧で有機的な輪郭と、にじんでゆく柔らかいタッチ(筆跡)。
厚塗りの効かない薄い膜による、薄い色味と透ける支持体(画用紙)のテクスチャ。
分かりやすく喩えると、いわさきちひろの絵画が「透明水彩絵具」の媒体特殊性を実現している、純粋な水彩画と言えます(児童文学的なモチーフやテーマは無視したとして)。

メディウムのナショナリズム

メディウムの限界というものが、そのメディウムの本質と一致するというのが、媒体特殊性の基本理念です。
作品がそのメディウムの本質に近いものであればあるほど、純粋で真正な出自のものとなり、反対に他のメディウムの特性を借用する作品は不純なものとして切り捨てられます。

油彩画で水彩画風の絵を描くものや、水彩画で油彩画のように描くものは、他のメディウムに自己のメディウムを従属させる雑種であり、芸術の混乱を生み出すものとなります。

戦後日本の場合

多くの場合、個人の作品にしろ美術史的な潮流にしろ、自己のメディウムの本質を理解することなく、ただ時代のモードの中心にあるメディウムの特性を借用しているだけです。

20世紀は映画の時代といわれ、戦後日本で隆盛を極めたメディウムはマンガです。
しかし、そのマンガは自己の媒体特殊性を実現するよりも、映画の媒体特殊性を再現(借用)することに躍起になり、自らの可能性を見失っていたともいえます。
いわゆる映画のようなマンガである手塚治虫からはじまる系譜です。

西洋近代の場合

それと同じ様に、文学がモードになっていた西洋近代において、文学の奴隷と化した絵画を救い出すために持ち出された概念が「媒体特殊性」です。
それによって自己反省を促し、自己の存在を自覚的に保持しようという努力が、アバンギャルド(印象主義から抽象絵画を含む広義の)を生んだというのがグリーンバーグの説です。

次項でその中心になる論考をまとめます。

(2)へつづく