オルポートの『デマの心理学』

心理/精神 社会/政治

※本書において理論的に重要な章のみ取り上げます。

 

第二章、デマはなぜ流れるのか

二つの基本条件

デマが生じる際には、二つの基本となる条件があります。

A、そのデマの主題(話題)が話し手及び聞き手にとって何らかの重要さを持っていること。
例えば、第二次大戦時にデマが横行した一因は、その話題のひとつひとつが市民各々の生存に関わる重要なものであることが多かったことです。

B、その主題の真実性が、何らかの理由によって隠され、曖昧な状態にあること。
例えば、その主題に関するニュースが全くない、不完全である、矛盾している、信頼できない、その情報の内容が人を感情的にする性質のもので不信を惹起する時、などです。
戦時における情報の制限、情報の混乱、情報の機密性、情報戦による意図的歪曲、情報の感情的性質などは、まさにこの典型の状態にあると言えます。

デマの流布量はこのA(重要さ)とB(曖昧さ)の積(A×B)に比例します。
どちらか一方がゼロであれば、デマは生じません。
いかに情報が曖昧でも、人々にとって重要でない無関心な話題であればデマは生じようがありませんし、事実が完全に明白な事柄に関しても同様にデマの生じる余地はありません。
その話題に関する情報をたくさん持っており、はっきりと事実を知る者は、知らない者よりはるかにデマに乗る確率は減ります。
例えば、会社の経営に関してのデマに乗るのは実態をあまり知らない平社員であり、上層部ではありません。

もちろんこの基本形があてはまらない事例もあります。
デマの流布に関する厳重な禁制が布かれている、相互コミュニケーションが断たれている、デマそのものに関する洞察を持ちデマに乗らない場合、などです。
この三つ目の「デマそのものに関する洞察」とは、現在でいうメディアリテラシーのことです。

デマに関する法則を知り、己に対する洞察を持てば、デマの作用を衰えさせることができます。
「デマを意識している人々は、デマの犠牲になりにくい」という事実は、特にデマの犠牲になりやすい若い人々が自分の身を守るための強い力となります。
勿論、これは懐疑主義者に成れと言うことではなく、健全な懐疑(警戒心)を持て、ということです。

 

デマの動機

人々にとって重要だと判断される話題は、デマの動機となるそれら人々の欲望を反映しています。
デマの原動力となるものは、人間の諸々の欲求や欲望(及びそれに伴う感情)であり、例えば、危機におけるデマは死への恐怖、ゴシップやスキャンダルは性的興味、不気味な噂や怪談話は不安、悪口や中傷は嫌悪などを主な動力としています。

デマを広める人々は、自身の欲望から生じる緊張を緩和し、正当化し、言い訳となるような話題を探し求めています。
デマは、欲望を向ける対象に対し攻撃を加えることで心の底にある緊張(欲求不満状態)を和らげ、デマを語ることで自分自身の状態を正当化し、その内容を自分自身と他人に対しての説明とします。
自己の情動の緊張緩和と合理化(後述)が、個人におけるデマの機能です。
勿論、こういう情動的な圧力により強制される合理化以前に、人間はあいまいな状態を嫌いそれを合理化し説明しようとする一般的な傾向(探究心や好奇心の元)もあります。

以上のように、デマには三つの力が働いています。
緊張した心を鎮めるための言葉によるはけ口、自身の内にある受け入れがたい感情や欲望の正当化と自己弁護、曖昧なものを明確にしたいという知的な欲求。

 

デマを作る投射

周囲の現実の解釈が、その人自身の内面の反映である時、それを心理学では「投射」と呼びます。
その時、世界の事物は客観性を離れ、主観を擁護するための証拠となります。
例えば、嘘つきの人が自分自身でその内面を認めたくない時、それを外(主に他人)に投射(projection)し、他人=嘘つきというように世界を解釈することによって、自己を弁護するような時などです。
夢の中では誰でも投射を行なっていますが、それは目覚めて客観的な視点で反省されるまで、自身はその事実を知ることができません。
それは白日の空想においても同様です。

デマと空想は似たものであり、誰かから聞いた話が、私にとって都合のよい(私の内面を擁護する)外面を持っていれば、私はそれを現実として信じ受け容れ、さらに誰かに伝達(説明)しようとします。
自分の心の反映となる面のみを真実として受け容れるのです。

噂が人から人へ伝わり最初の話題とは全く違うものとなる時、日本では「尾ひれはひれが付く」と言いますが、この尾ひれの部分は、話し手及び聞き手が自己の内面(無意識の願望など)を反映(投射)することによって作られるものです。
例えば、単純な傷害事件のニュースが、性的暴行を含んだ事件として伝聞されることがよくありますが、それは噂を広める人たちの内面の性的願望が「投射」された結果です。
自己の内面について自覚的・批判的で素直に反省できる人は、デマに乗りにくいという実験結果があります。

 

デマの成り立ち

冒頭に、デマの基本条件として、「重要さ」と「曖昧さ」というものを挙げましたが、これは投射が生ずるための条件だということです。
環境(世界)の認識及び解釈に対し主観的な感情が与える歪みは、重要さと曖昧さの結びついた(積の)効果において生ずるものです。
投射は無条件の傾向ではないのです。
人は何か重要なものを強く欲する時、認識を自分の主観に合わせて歪めますし、人は曖昧なものを前にする時、同様に主観に合わせてそれを解釈し補おうとします(ロールシャッハテストはその典型)。

また、情動的な欲求だけではなく、探究心や知識欲そのものがデマの動機となることも述べましたが、神話や伝説などにある原始的な科学の意味合いを含むもの(例、地震の原因は大なまず)は、そういう知的な欲求、つまり「意味を知ろうとする努力」が生じさせた空想(デマ)であるわけです。

以上、要点をまとめると、こうなります。
デマは、それを伝聞する人々の関心に強く訴え、障壁のない同質的な社会の中を伝播していきます。
人々の関心(欲望)はデマを強く支配(支持)し、それは人々の内面を説明し、意味付け、正当化するものとなります。
人々の関心とデマは密接につながり、デマとはその実、主観的な情動の投射として考えることができます。

 

その他、副次的なデマの流れる理由

話題の内容の重要性とは無関係な動機も存在します。
それはデマそのものを志向する類のものです。
「僕、とっておきの秘密を知ってるんだよ!」と、少年がよく使う言葉に表れています。
それは、誰も知らないことを知っているという選民意識、話し手になるという優越感、特別なお話によって他人を驚かせ喜ばせることの快感、暇つぶしのための無意味な井戸端会議など、デマがためのデマという性質をもつものです。

また、大衆が大事件や劇的な結末を期待し、お祭り騒ぎ的な熱狂を求める時などにも、デマはなかば競争的に増大していきます。