アドラーの個人心理学(1)

伝統的な目的論

「人間は行動の選択において、常にその人にとって最良の選択をしている。もし、それがその人にとって悪い結果を導くなら、それは無知によるものである」
これはプラトンにはじまるひとつの人間観であり、形を変えながら、様々な思想家の基礎となっています。
アドラーについても同じで、人間行動の裏には、そういう目的論(現在の行動は何らかの良い目的を達成するための手段である)が潜んでいるということを前提に、心理学を構築します。

ライフスタイル

子供の頃から人間はその状況において、最も自分にとって良いと思う行動を選択しながら生きています。
そして繰り返される、そういう目的論的な行動はやがて習慣となり、習慣はやがて人格を形成し、最終的にそれは人生として帰結します。
こういう習慣の束、その人の人格を形成する行動の傾向や生き様を「ライフスタイル」と呼びます。

しかし、三つ子の魂百までと言うように、子供の頃に形成した習慣(ライフスタイル)は非常に強固であり、環境が変わってもうその行動では利益は出ず、むしろ自分を害するものであったとしても、私の行動を拘束し続けることになります。
例えば、子供の頃、普段厳しい両親が病気になると自分に優しくしてくれた。
だから自分は辛い時、病気がちでいつづけることにより、保護と安心を得ていたとします。
しかし、成人し、自立して、会社でもそのライフスタイルを敢行しても、誰も保護も安心も与えてくれず、社交辞令程度の心配の言葉をかけられて、むしろ厄介者として捨てられるだけです。

方法論

私が今現在、社会的な不適応や何らかの苦しみを生じさせる自分の行動に悩む時、このようなライフスタイルの齟齬が生じているのです。
アドラーの方法は、先ずこの事実を本人に気付かせ、過去のライフスタイルを共に探り、それを解除し、現在において良い結果を生むライフスタイルに変更することです。
現代的な視座からアドラーを解釈し、サルトルの実存哲学のように認知を変えれば即ライフスタイルも変わるかのように語る者も多いですが、そんな甘いものではありません。
右手で持っていた箸を、左手に持ちかえ訓練するように、子供の頃に強固に習慣付けたライフスタイルを、徐々に変えていくしかないのです。

アドラーはトラウマや決定論(過去の原因によって現在の行動は自動的に引き起こされる)を否定しますが、それらは単に過去において目的を持ち行動していた主体のことを忘却してしまっている、一面的な描写に過ぎないからです。
「子供の頃にイジメにあったトラウマから、集団生活が恐くいま会社に行けない」のではなく、「子供の頃イジメにあって、学校を休むという目的論的行動選択によってそれを何とか乗り切った。しかし、その行動の繰り返しの中でそれは習慣づけられ、いま、その強固な習慣のせいで会社に行けない」というのが正確です。
その認識によって、問題ある習慣(ライフスタイル)を反省し、徐々に解除し、今現在における最良の行動へと改善(新しいライフスタイルの形成)していくことができます。
決定論はたんなる忘却された習慣付けでしかないという、ヒュームの議論と重なります。

力への意志

アドラー心理学の第二の前提として、人間は生来的に力(生命力のようなポジティブなもの)を志向する動物であるということです。
力を志向する以上、力のない状態では劣等感を、力のある状態では優越感を持ちます。
力への意志は、力のない劣等感の状態(不完全)から、力のある優越性の状態(完全)へと成るように人間を動かします。
この人間の行為の原動力となるものを、「力への意志」と名づけます。

劣等感と優越感

アドラーにおける「劣等感」という言葉は、健康な努力と成長をうながす刺激を指す万人共通の基礎的な感覚です。
例えば、周囲より学力が劣っていることの劣等感を刺激として、勉強という努力によって成長し、優越性の状態へ到るように。
「劣等感」というものは空腹のような健全な欠乏感で、「優越感」はそれが満たされた健全な充足感であり、アドラー心理学においてそれらの言葉にネガティブな意味は全くありません。

劣等コンプレックス

しかし、この健全な劣等感解消のプロセスが、不健康なプロセスとして捻じ曲がった時、それを「劣等コンプレックス」と言います。
コンプレックスとは複合した観念の絡み合いを指す言葉ですが、日本では一般的に「コンプレックス(観念連合)=劣等感」と誤って捉えられてしまっています(それだけアドラーの影響が大きいということです)。

例えば、「両親は中卒だから、その遺伝のせいで私は勉強できない」「私の家は貧乏で塾に通えないから、他より成績悪くて当然だ」「テストで一番を取ったら、嫉妬で友人に仲間ハズレにされた。それがトラウマで勉強ができない」などと思えば、自分は努力して賢くならずとも、劣等感を解消することが可能です。

当たり前のはなし、勉強できない直接の原因は勉強しないからであって、きちんと努力しない限り一生無能力なままです。
健全な努力をせず、いびつな劣等感解消の方法を取り続ける限り、自分は常に世界をゆがめて解釈し言い訳を探し続けなければなりません。
それでは精神的な健康も、幸せも手に入るわけがありません。

優越コンプレックス

この劣等コンプレックスの裏返ったものが優越コンプレックスです。
それは劣等感を補償するために、虚構の優越感で覆い隠す方法です。
無能な人間に限って根拠のない自信を持ち、他者を蔑み、ちっぽけな自分を覆い隠すために、必死で大きく見せようとしまう。
自慢や、他者への蔑みは、劣等感の裏返しです。

中には自分の劣等性そのものまで誇る人がいます。
いわゆる不幸自慢です。
不幸であることによって他者と違う特別な者であろうとし、悲劇の主人公のような選民意識をもちます。
自らの不幸を武器にして他者を支配しようとし、社会は弱者を大切にすることによって成立する共同体であることを巧妙に利用することによって、優越的な立場に立とうとします。
しかし、これも劣等コンプレックスと同様、健康も、幸せも手に入りません。

私を忘却した世界

これらのコンプレックスがなぜ悪いかというと、自分自身の成長という本質的な課題(タスク)は放置したまま、それを他者や環境の問題にすり替え、擬似問題の泥濘にはまってしまうことです。
すべては他者や環境のせいであるという視点は、必然的に自分(個人)を消去した相対的な権力争いの世界観を生じさせます。
他者は仲間ではなく常に敵となり、他人の幸福を自分の劣等と捉えて他人の不幸を喜ぶ性根がつき、卑屈な精神は怨恨感情(ルサンチマン)を生み出します。
日々、対人関係に悩み、裏切りや嘲りや策略や復讐を恐れ、心休まる時はありません。

自分のタスクから疎外された人間の多いこういう社会の中で、つねに私は権力争いの競争をけしかけられます。
優越コンプレックスを持つ人間に、根拠なく見下されたり負け犬だど罵倒されたとしても、その挑発に乗ってしまえば、幸せへの道は閉ざされてしまいます。
最重要の問題は自分の人生のタスクであり、決してそれを忘れてはなりません。

(2)へつづく