ソクラテスの無知の知

理論

自分が無知であると知る者こそが、真の知者である。

具体的には

例えば私たちは、「月が地球の周りを回っていることを知っている」と思っています。
しかし、本当にそうかと自分の知識を疑ってみて調べてみると、月は地球の周りを回っているのではなく、あくまでも地球と月の間にある共通重心の周りを回っていることが分かります。
重心とは、引力とは、公転とは本当はどういうことなのか・・・、同じように自分の知識を疑い調べなおすと、自分は、何も知らないはずのことを知っていると思い込んでいただけだということがよく分かります。

幼児には「どうして?」という質問を母親に問い続ける質問期という発達段階があります。
母親もはじめはきちんと答えられますが、質問が深くなってくると答えられなくなり、答えるのを止めるかはぐらかします。
なぜなら、母親は本当は答えを知らないからです。

親が子供に、「円の面積はどうして求めるの?」と質問されれば、「3.14×半径の二乗だよ」と答える。
次いで子供が質問し、「どうして3.14×半径の二乗で面積が分かるの?」と訊かれれば、答えられなくなります。
その親は円の面積の求め方を知っていたのではなく、ただ、教科書の数式を真似ることを知っていただけなのです。

現実的には問いは延々と続き、とどまることはありません。
本来、問いに答えはなく、「答えが出る」とは、ただ問うことをそこで止めた時に生ずる出来事なのです。
私たちは、質問期の子を持つ母親のように問いから逃げるために、知っていると思い込むのです。

しかし、質問期の子供のように親(知者)の煙に巻かれないソクラテスは、特異な問答法によって知者を名乗る者(自称知者)の無知を徹底的に暴き出します。
問いに問いを重ね、否定の限りを尽くしてたどり着く場所には、アポリア(行き詰まり)が待っています。
プラトンが弁証法の限りを尽くしてたどりつく場所に、「真理(イデア)」を見出したのとは正反対に、ソクラテスは「無知」を見出します。

けれど、そこにある無知は、決してただの無知ではありません。
アポリアの無知の中にいる者は、自分が無知であるということを知っています。
それが「無知の知」です。
問答法を経る前の自称知者は、自分が無知であることをすら知ら無い、二重の無知に覆われているのです。

自称知者の知識は、本当は知らないことを知っていると思い込んでいるだけの、土台の無い空中楼閣の様なものなので、その知識なり理屈を徹底的に突き詰めて考えていけば、おのずとその知識は自壊します。
ソクラテスは自分自身では答えずに常に質問者の立場に身を置き、相手に問いを連発することによって、この自壊を相手の中で引き起こします。
現代思想における「脱構築」の理論の雛形にもなるこの特異なレトリックが、ソクラテスの「問答法」と「イロニー(皮肉)」です。

では、無知の知とはニヒリズムと同じものなのではないかと思われてしまいます。
しかし当時ソクラテスの論敵であったソフィスト達は、知を利己利益のために一般人を騙す手段(レトリック)として使用していたため、それを破壊する必要がありました。
老朽化した危険な建物を新しい建物に立て替えるためには、まずそれを解体せねばなりません。
それはより良い知(愛知-フロソフィー)を構築するために必要な無知の自覚であり、常にベクトルは未来へ向いているのです。

また、仏教哲学者が、否定の限りを尽くして絶対の無に至る悟りの境地と無知の知とのアナロジーを見るように、無知の知の境地そのものが、真の知者たりうるゆえんなのかもしれません。

目次へ