バザンの『存在論と言語(映画とは何か)』

芸術/メディア

はじめに

本頁は、アンドレ・バザンの主著である『映画とは何か-全四巻-』のうち、映画理論を集めた第一巻『存在論と言語』を簡潔にまとめたものです。
最も重要な三つの論文「写真映像の存在論」「映画言語の進化」「禁じられたモンタージュ」を扱います。

第一章、写真映像の存在論

造形芸術誕生の要因の一つとして、肉体の物理的永続性を求める心理的欲求があります。
死体の防腐処理により、死という時間からの征服に抗おうとした古代エジプトの「ミイラ」 が、その起源です。
芸術と文明が進歩すると、永続性は防腐処理から絵画による模倣へと変化し、王は宮廷画家に肖像画を描かせ、満足しました。
人々は、モデルと肖像画の間の存在論的な同一性を信じる訳でないにしろ、肖像画を介した想起によって第二の死(精神的な死)を免れることができます。
現実に似ていながら異なる時間性を備え自立した理想的宇宙の創造へと向かいます。
造形芸術の歴史は、本質的には類似性の歴史、リアリズム(心理学的)の歴史であるのです。

西欧の画家は十五世紀に入ると、外的世界の完全な模倣を志向し、透視画法による三次元空間の錯覚によって、直接的な知覚の複製を作り上げます。
心理的願望(ミイラ・コンプレックス)を満足させる錯覚への欲求は、徐々に造形芸術全体を呑み込んでいきますが、やがて「運動」の問題に突き当たります。
その解決のために生じたものが、瞬間(不動)において運動的、劇的、生命的表現を可能にしたバロック芸術です(透視画的三次元性に運動の契機を加えた心理的な四次元性の表現)。

精神的現実を表現するという造形芸術の根源的な美学的志向は、錯覚に対する心理的欲求に圧倒され、造形芸術のバランスは崩壊します。
写実的でありながら同時に精神的である統一的な中世の芸術は、透視画法という原罪によって、引き裂かれます。
世界の本質的な意味を表現したいという美学的な(真の)リアリズムと、形態の錯覚によって騙し絵的に作られる心理学的な(疑似)リアリズムの、相克と混乱です。

ニエプス(写真製版の発明)とリュミエール(映画機器の発明)は、造形芸術をその原罪から救い、バロック芸術を成仏させ、造形芸術を類似性の執念(コンプレックス)から解放しました。
写真は媒介する人間(画家の主観)を完全に排除することによって、リアリズムへの執念を決定的かつ本質的に満足させたのです。
画家を介した色彩の正確な本物のような精巧な絵画より、機械的再現によるモノクロの粗くぼやけた図像の写真の方が、類似性への欲求を満たすのです。
解決は結果ではなく、過程の中にあったのです。

「映画とは、ルネッサンスと共にその原理があらわれ、バロック美術において極限的表現に達した造形的リアリズムの、最も進歩したものに他ならない」アンドレ・マルロー

類似性のコンプレックスから解放され、自由な表現を獲得した現代の画家は、そのコンプレックスを大衆に引き渡し、以後、大衆は類似性へのこだわりを、写真と、写実に専念する類の絵画に結び付けることになります。

写真の本質はその客観性にあります。
外部世界のイメージが、人間の創造的干渉なしに自動的に形成されるという、初めての事態が生じます。
それは、人間という媒介が不在の直接的な自然現象と同じように私たちに働きかけ、絵画にはない強力な信憑性を与えます。
写真は現実の事物からその実在性を無条件に譲渡されるという恩恵に授かり、方や現実に忠実な絵画は、事物の情報を無数に人間に提供しても、信頼性を勝ち得ることはありません。
写実絵画は、類似に関して劣った代用的技術でしかなくなり、無意識の底の類似への欲求をより完全に解放するのは、写真という死の運命から自由になった存在です。
造形芸術の魔術的な力によって、永遠を作り出すのではなく、無感動の器械の力によって、時間に防腐処理を施し、時間そのもの(モデルの存在する)を時間の流れから守るということです。

映画は、写真の客観性を時間においても完成させたものであり、バロック芸術をその硬直から解放します。
事物のイメージは持続のイメージとなり、変化そのもをミイラ(ミイラ化した変化)にします。
写真の美学的特質は、事物から慣習や先入観、人間の知覚が生じさせる精神的なものを洗い流し、私たちの前に無垢な姿で渡してくれるということです。
私たちの知らなかった、見ることのできなかった、世界の自然のままのイメージを与えてくれるのです。

この写真の創造力において、自然は芸術家を凌駕します。
画家の美的宇宙は、額縁の外側の世界とは実体的にも本質的にも異質の、内側に生じる小宇宙です。
それに対し、写真内の事物の存在は、写真外の存在(事物そのもの)と同じ性質を帯びています。
写真は、絵画のように自然の創造物を別の創造物で代用するのではなく、自然の創造物の中に加わりその一部となります。

シュルレアリズムはそれを直感的に理解していたため、写真(や細密描写)を活用したのです。
想像的なものと現実的なものの論理的な区別をなくし、すべてのイメージは事物として、すべての事物はイメージとして感じさせるために、写真は特権的な技術になります。
写真は、自然と同じ性質を持つイメージ、いわば「本物の幻」を実現するものだからです。

写真の出現は、西洋絵画の写実への執念を払拭し、その美学的自律性を回復させました。
印象派のリアリズムは、もはや騙し絵的模倣でも遠近法的錯覚でもありません。
写真がバロック的類似性を乗り越え、モデルとの同一性を完遂した時、絵画は自らが事物の位置に身を置かざるをえなくなったのです。
写真のおかげで、私たちは今まで愛することのなかった自然のままの事物に感嘆することができ、絵画においては、自然への依存を存在価値とすることのない、自律した一個の純粋な事物として、鑑賞することが可能になったのです。