ユクスキュルの『生物から見た世界』(1)

序章、環境と環世界

本書では、生物を単なる客体や反射に基づく機械として扱わず、環境の中にある固有の主体として扱います。
「生物から見た世界」の記述による、新しい生物学です。
それはコペルニクス的転回であったカントの主体の理論を、自然科学に応用することです(後に本書の世界観は、ハイデガーの「世界内存在」の概念として受け継がれます)。

まず、上の「機能環」の図を見てください(『生物から見た世界』岩波文庫19項より)。
左側が或る生物個体(主体)、右側がその生物に対面する対象(客体)です。
これを反時計回りにグルグル回転しながら、生物は知覚(受容)とそれに伴う作用(実行)の運動生じさせます。
ひとつの主体が、それに対する様々な無数の客体と、地球の磁場の図の様に、この機能環で結ばれており、複雑な動物であればあるほど、それだけ豊かな機能環を持っています。

では、これを具体的に「マダニ」で説明してみます。
マダニを左の主体、ある哺乳類(イヌ)を右の客体にあてはめます。
まず、イヌの皮膚線から出る酪酸(異臭の原因物質)の刺激が、嗅覚標識としてマダニに受容され(図の右側から反時計回りに左へ)、それを合図にマダニは肢を離して枝から落下するという作用を生じさせます(図の左側から反時計回りに右へ)。
次に、落下したマダニはイヌの毛に衝撃という作用標識を刻み、これがマダニの触覚標識を解発(行動を誘発すること)し、これと同時に先ほどの嗅覚標識は消去されます(図の右側において作用標識が知覚標識に変換)。
新しい知覚標識(触覚)によって、マダニに動きまわるという作用を実行させ、やがて毛の根元の皮膚に到達すると、温度の知覚標識によって、歩き回るための触覚標識は消去され、皮膚に喰らいつき血を吸うという作用が引き起こされます(図、二回転目→変換→三回転目の運動)。

このように、マダニの場合、交代する三つの環運動が関わっています。
マダニは子孫を残すために、哺乳類の血液を必要としています。
そして、マダニを取りまく巨大な世界の中から、この三つの刺激が、暗闇の中の灯火の様に現れ、それを目印にして、マダニを確実に目標(血液)へ導きます。
ここにあるのは、重要なわずか三つの標識からなる貧弱な世界(マダニの環世界)であり、残った膨大な世界の豊富な可能性は無へと帰します。
しかし、このマダニの「環世界」の貧弱さは、行動の確実性の前提であり、生存のための確実さに比すれば豊富さなど重要ではありません。

もう一つ、重要な要素として時間というものがあります。
マダニのとまる枝の下を哺乳動物が通る可能性は極めて低いため、マ
ダニは長期間食物なしで生きられる能力があります。
待機期間中、数時間どころか数年も停止し、酪酸の信号を待ち続けています。
人間の抽象化された普遍的な時間の枠組みではなく、マダニはマダニの環世界独自の時間の中で生きています。
「時間なしに生きる主体はありえない」という既成の概念ではなく、「生きた主体なしには時間はありえない」と言うのが正確です(詳細は第三章)。
これは空間についても同様であり、それは次章で説明します。

第一章、環世界の諸空間

それぞれの生物は各々独自の知覚標識を持ち、その生物固有の環世界(環境世界)を作り上げています。
機能環という関係性の糸によって、しっかりとした網に織りあげられた世界です
ダニにとっては知覚標識である酪酸も鳥にとっては不要であり、鳥の環世界には存在しません。
代わりに鳥には、ダニにはない視覚標識によって世界を作ります。

私たちは、「人間がいま目の前に見ている同じひとつの世界の中で、一緒に動物たちも生きており、空間と時間をひとつの大きな容器(普遍)として共有している」という強固な信念(偏見)を持っています。
しかし、実際はそれぞれの生物が別々の空間と時間(小宇宙)を生きているのです。

そこで先ず人間の空間知覚を検証し、他の生物と比較して見ます。
基本的に人間は、補いあいながらも相容れない三つの空間の中に生きています。

1、「作用空間」

これは身体を中心とした三次元の座標系空間です。
三半規管による水平垂直の六方感覚や、腕や脚などを動かした時に生ずる運動感(キネステーゼ)等です。
目隠ししてスイカから十歩離れた後、くるりと返って棒でその場所を当てたり、暗闇の中で字を書いたりできる、身体に備わった空間知覚の能力です。
三半規管による六方の座標の方向感覚や、身体的な運動感による距離の尺度(歩尺のような)によって、作用空間というものが成立します。

例えば、ミツバチが巣箱に帰ってくる前に、箱を2メートルずらすと、ミツバチは元箱のあった何もない空間に留まり、5分後にようやく移動後の巣箱の場所へ飛んでゆきます。
はじめは触角による「作用空間」で帰巣しようとしますが、そこに巣箱が無いため、視覚情報に切替えて巣を見つけたわけです。
あらかじめ触角を取ったミツバチで実験した場合は、迷うことなく直接、移動後の巣箱に帰巣します。
魚の三半規管なども同様に作用空間を形成し、自分の住家や産卵場所などに、そのコンパスによってたどり着きます。

2、「触空間」

これは触れて直接調べることによって知覚される空間把握です。
指でなぞって箱の中の物体の形状を当てるクイズなどで使われる、空間知覚の能力です。
ネズミは触毛(触覚を感受する感覚毛)が発達しているため、視力を失っても、正確に運動することができます。
この触空間は作用空間を伴い同時に働くため、違いが分かりにくいのですが、それは作用空間のような大きさや尺度といった間接的なものではなく、その直接的な場所感です。
三歩(180cm)あるいて三歩下がれば元の場所に戻るのが作用空間、同じ床に寝転がって自分の身体に直接接触し感じている「180cm」が触空間です。
共に主体を基礎とする知覚標識で、環境や物(客体)に依存するものではありません(詳細は「ウェーバーの法則、触二点閾」でググってみて下さい)。

3、「視空間」

これは私たちにとって一番なじみの深い、視覚による空間把握です。
視覚を持つ動物にいたってはじめて、視空間と触空間が分離されます。
手に持つコップは、触空間としては大きさは同一でも、視空間としては、顔に近付くほど変化(大きく)します。
そして、これら別々の空間のデータを統合し、共通の空間として把握しています。

視空間といっても、動物それぞれが持つ視覚の構造によって、その見える世界は全く異なります。
例えば、ハエの視空間は人間に比べ、非常に粗いモザイク状であるため、人間には見えている細いクモの糸が見えず(存在せず)、まんまと引っかかってしまうわけです。

第二章、最遠平面

私たちの眼前(視空間)には、無限に広がる空間世界が存在していると、一般的には考えられています。
しかし、実際は、人間は球状の巨大な書割(舞台の後ろにある絵で描かれた風景)のような壁によって閉じ込められています。

目の前のコップと、窓の外の樹の枝には、明確な遠近感があり、それは空間として把握されています。
しかし、焦点(片眼のピント合わせによる遠近把握)にせよ、両眼視差による空間把握にせよ、その能力には限界があります。
月と太陽は、実際には恐ろしく離れているにもかかわらず、同じ平面上に見えるのは、それが人間の視覚の空間把握可能な限界の向こう側にあるため、遠近というものが消失し、すべて二次元化しているからです。
いわば、この限界の向こうにあるものは、舞台の書割のような存在であり、空間としては死んでいます。

この壁を「最遠平面」と呼びます。
視覚を持つあらゆる動物は、この最遠平面によって六方を囲まれたしゃぼん玉のような世界の中で生きています。
その大きさは、各動物に備わった視覚の空間把握の能力の限界によって規定されています(同じ人間でも、幼児と大人で差があります)。
主体から独立した、すべてを包括する世界空間というものは、この小さなしゃぼん玉世界の中で生きる人間が、他者との共通認識を得るために作り出したフィクションであり、それは現実ではなく、抽象化の産物です。

第三章、知覚時間

時間についても、空間同様それぞれ生物主体によって生み出されるものです。
例えば、人間の一瞬とは、1/18秒です。
一秒間に十八回以上の空気振動(音)は聴き分けられず、単一音として聴こえます。
一秒間に十八回以上、皮膚を叩くと、刺激を判別できなくなり、一定の圧迫として感じてしまいます。
視覚においても同様で、一秒間に十枚程度の画像であれば認識できますが、それ以上になると分からなくなります。
(ユクスキュルは映画のコマ数から視覚も1/18秒程度が限界と推測していますが、現在の実験結果では1/10秒です。ちなみにサブリミナル効果の0.03秒というのは単なるネタです)

高速撮影というものは、一秒間のコマ数を増やすことによって、時間が引き伸ばされ、昆虫の羽ばたきのように人間の眼には見えない速度の動きもとらえられるようになります。
逆にコマ数を落とし、低速撮影にすると、とまっている様に見えた花の動き(開花など)が観察可能になります。

もし、生物によって、この一瞬の時間が異なるのであれば、各々の生物がまったく違う時間の流れの中で生きていることになります。
すばしっこい相手を捕食する闘魚の実験では、一瞬が人間に比べ非常に短く(1/30秒から1/50秒)、高速撮影のように、世界の運動過程がゆっくりしていることが推測されます。
一方、カタツムリの実験においては、逆に一瞬が非常に長い(1/3秒から1/4秒)という結果が出ました。

(2)へつづく