差別とは何か(1)

差別の二つの類型

誰もが簡単に自分の意見を述べられる時代、誰もが自分を被差別者だと訴えます。
それによって本当の差別が覆い隠され、見えにくくなっているのが現状です。
そこで少し差別というものの本質や定義を、もう一度見返す必要がありそうです。

差別を訴える人には、大きく二つの類型に分けられます。
ひとつは「役割を押し付けないで」と言う人、もうひとつは「役割に優劣を付けないで」と言う人です。

自由でありたい

「女は女として生まれるのではない、女になるのだ(ボーヴォワール)」とは、フェミニズムの有名な言葉です。
この言葉の基本原理はパートナーであるサルトルの実存主義に負っています。
サルトルの実存主義を一言でいえば、「人間は人間として生まれるのではない、人間になるのだ」です。

私たちは生まれたときには何者でもない無垢な存在です。
しかし、人間社会に生まれた以上、様々な社会的な役割(いわゆるキャラ)が与えられます。
人間、男性、日本人、長男、大阪人、学生、社会人、等々。
それに従い、社会からその役割に忠実であるよう求められます。
お前は人間らしくあれ、男らしくあれ、日本人らしくあれ、長男らしくあれ、大阪人らしくあれ、学生らしくあれ、社会人らしくあれ、等々。
生まれた時は何者でもない私が、男性という社会役割を引き受け男性らしく振舞う時、「私は男として生まれるのではない、(男という役割を引き受け)男になる」のです。

この社会役割というものをすんなり受け容れ、忠実にこなせる人には、社会というものはそれなりに生きやすい場所です。
しかし、当たり前の話、そうでない人もかなりいて、その役割の押し付けや圧力を負担に感じ、苦しむ人もいます。

なぜそういうことが起こるかというと、社会役割というものが単なる抽象的な記号、恣意的な決め事として成り立っているものだからです。
国境線というものは政治家が勝手に決めたものであり、生物学のカテゴリーは学者が勝手に決めたものであり、職業のカテゴリーも社会が勝手に決めたものです。
厳密にいえば私は男性でも日本人でも人間でもありません。
学問的あるいは事務的な手続きとして、ただそう分類され登録されているだけです。

「俺は俺だ!」「私は私だ!」「君は君だ!」という言葉は、歌や映画や小説などで叫ばれる常套句です。
自分という人間の何であるか(本質)を社会が勝手に決めないでくれ!という、自由を求める叫びです。
この社会役割の圧力を差別としてとらえ訴える人が、第一の類型です。

平等にあつかってほしい

第二の類型に属する人達が望むのは、社会役割は引き受けるけどそれに優劣つけないで欲しいということです。
いわゆる、区別はいいけど差別はだめ、なのです。

語義的に「区」は平面的な横の分割です。
北区、南区、東区、西区、のように、それらは平等な同列のものとしてあります。
これが「区別」です。
語義的に「差」は上下間の分割で、優劣の意を含みます。
落差、段差、温度差、貧富の差、のように、程度の概念を含んでいます。
だからトイレを男と女に分けることは、単なる区別です。
しかしそのトイレの設備に優劣の差が付いた時、「差別」になります。

「私は社会役割として女性であることの区別を引き受けます。しかしなぜ男性役割とこれほどまでに利益や待遇において程度の差を付けられなければならないのでしょうか。それは差別であり、平等を望みます」と、いうことです。

もちろん、社会役割という区別そのものに、優劣や程度の概念が入っています。
成るのが難しく社会的責任の重い外科医と、服のかけはぎを職業とする近所のおっちゃんが同じ待遇であれば、それこそ差別です。
しかし、いずれにせよ基準になっているのは「平等」です。
それは、あらゆる区別を平等に扱い、差別しないで欲しいという願いです。

差別のない社会とはどういうものか

「差別のない社会」を理想として持つのには良いですが、それを完全に現実化することは不可能です。
人が集まり社会というものを形成する以上、各々が何らかの区別された役割を引き受け、分業と交換をもとに生きるからこそ、人は社会の恩恵を受けます。
それと同時に先祖が受け継いできた役割の遺産があればこそ、社会や文化は発展していきます。
社会が与える役割や歴史が背負わす役割が負担だからといって、皆が風来坊になれば、社会というものは消滅してします。
だから、必要なのは社会役割(区別)を無くすことではなく、その選択の自由です。

また、社会役割の区別の中に優劣が生じることも必然です。
区別の中でも貴重なものや重要なものや有益なものや主体となるものは優位に置かれるでしょうし、そうでないものは従属的なものとして扱われるでしょう。
しかし、もしすべての役割に対し上下を設けず、フラットにしてしまえば、人間社会は何の秩序もない原始的な物々交換の共同体に舞い戻ります。
役割に上下の落差が生まれたとき、はじめて人間行動に秩序や合理化や効率化が生じます(人間の管理というものが可能になるということです)。
人間社会の豊かさとは、社会役割の区別によって生じる分業と、上下の差によって生じるそれら役割の秩序化に拠っています。
ここでも重要なことは上下の差をなくすことではなく、なんの根拠のない上下差、何の秩序も生まない不合理な上下差、恣意的かつ感情的で、むしろ秩序やつながりを分断するような上下差をなくすことです。

(2)へつづく