基礎練習・人体その5~リアルの類型

日記

現実の理念

リアルというものは頭の中で構成されて生じるものです。
ですので、人体を描く場合も、単に「見えたまま(現実の現実)」ではなく、理念によって整理・再構成された「本物らしさ(理想の現実)」を描く必要があります。
逆説的ですが、ある一定のレベルを超えると、見えたまま描かれた人体の絵より、記憶のみで理念的に整理され描かれた絵の方がリアルに見えるという逆転現象が生じます。
立体にはより立体らしく、人体にはより人体らしく、自然にはより自然らしく、女性にはより女性らしく見える理念的な型があります。

以下に、人体の描画(構造、自然、性格)において必要だと思われる理念型の特徴を、網羅的に挙げていきます。
個人的に自分の絵を更正、採点する際の項目として使用しているので、チェックリスト風になっています。
本当はもっとたくさんありますが、多すぎると訳が分からなくなるので、基本的なもののみまとめました。
要は、これを外すと人体のリアルさが減じますよ、という減点項目です。

空間構造の理念

これは二次元の中で立体感を生じさせる要素を、意識的に整理統合、あるいは誇張気味に描くことで、現実の空間の立体より、より空間らしい、より立体らしい「空間・立体の理念」を表現することです。
主にアウトラインの線画において必要なものに絞っています。

大きさ

空間内の距離によって、物の大きさは変化するため(物の大きさが距離の二乗に反比例する)、大きさの違いによって空間を表現することができます。
この大きさの相違を誤ると、空間も壊れます。

 

重なり

物の重なりによって、物同士の空間の前後関係を表現することができます。
この重なりの描出を誤ると、空間も壊れます。

 

入り込み

アウトラインの入り込みによって、その物体の空間内の方向が決定されます。
重なりの空間表現と同種のものですが、程度が弱く、気付き難いのですが、影響力は大きいので、注意が必要です。

 

形態

描写される形によって、その物体の空間内の方向が決定されます。
大きさの空間表現と同種のものですが、隣接した連続的な変化であるため、誤った時のその空間的歪みは極めて目立ちます。

形態の変化が不規則なものはある程度適当で構いませんが、平行の関係にあるものは正確に軸が統一されていないと、空間の歪みを生じさせます。

 

強さ

線の強さによって表現される空間的前後関係です。
濃さや太さなどの線の強いものほど手前に感じられ、弱く細いものほど奥に感じられるという、マチエールに準ずる遠近感です。
積極的に使うものというより、誤ると違和感が生じるという消極的な要素です。

 

自然の理念

これは前頁で述べた自然表現の五つの基本的要素を、意識的に整理統合、あるいは誇張気味に描くことで、より自然な自然らしさ(自然の理念、自然の理想)を表現することです。
たとえモデルとなる対象が現実にそうはなっていなくても、そうなっているように描くということです。

動作による変形

接地面による変形

重力による変形

バランス(重心)

ムーブマン(動勢)

 

性格の理念

これも前頁で述べた性格表現の基本的要素を、意識的に整理統合、あるいは誇張気味に描くことで、よりそのキャラクターらしさ(性格の理念、性格の理想)を表現することです。
たとえモデルとなる対象が現実にそうはなっていなくても、そうなっているように描くということです。

男性の身体表現の具体例

女性の身体表現の具体例

子どもの身体表現の具体例

老人の身体表現の具体例

 

お絵描き日記に戻る