パスカルの『パンセ』(1)現実の空しさ

人間は考える葦である

本書の趣旨は、あの有名な「人間は考える葦である」という言葉に集約されています。
この言葉の後には以下のような意味のことが述べられます。
人間は吹けば飛ぶような一本の葦のように弱い存在であり、宇宙に比すれば無に等しい。
しかし人間というものはこの無力を自覚できるがゆえに尊い。
だから人間の尊厳は物的なものではなく理念的な思考のうちにあり、これを通路として立ち直らなければいけない。

まず、人間の現世の生活における絶望的な虚無の状況を徹底的に描写し、読者にその無力を自覚させ、それを梃子にして宗教的な回心を促すのが本書の狙いです。
そのため、私たちの日常の虚構性を容赦なく暴いていくのですが、それは一般的なニヒリズムのように自分の足場だけはちゃっかり残しておく詭弁術などではなく、自分の足場も含めすべて無に帰そうとする徹底したものとなっています。

以下、主要な断章の要約です(数字はブランシュヴィック版の断章番号、訳語は主に田辺保氏のものに依っています)。

方法

4
真の雄弁は雄弁を軽蔑し、真のモラルはモラルを軽蔑する。真に哲学をすることとは、哲学を軽蔑することである。
9
誰かの間違いを指摘しようとする時、その人がどういう視点から観ているかを顧慮しなければいけない。大抵、その立場から観れば真実として見えるのが普通だからだ。そういう時はまずその真実を認め、それと同時に他の視点が存在し、その面から見れば誤りであることを教えればいい。それは人間の認識の構造が生む必然である。
22
私が何も新しいことを言っていないからといって、非難しないでほしい。材料の並べ方が新しいのだ。おなじ言葉でも違った並べ方をすれば、違う意味(思想)をもつように、おなじ思想でも、並べ方を変えれば、全体の意味が別のものに変化するのだ。

現実の空しさ

308
王様が偉く見えるのは、王本来の力ではなく、王と共に無数の家臣や兵隊などが連想されるからである。習慣的な観念連合(連想)が生み出す思い込みでしかない。
436
人間は幸福をつかみたいと願う。しかしたとえ幸福を得たとしても、人間にはそれを保持する力が備わっていない。天災や病気や些細な出来事が、簡単にそれを破壊する。真理(学問)についても同様である。
149
通りすがりの街なら他人の目(評価)はさほど気にならない。しかし、しばらく滞在する場所であれば、尊敬を得ようと気にしだす。短い人生という時間において、どれほどのものが必要だろうか。
117
私たちの好き嫌いの起源、行為選択の起源とは、他人からの賞賛と蔑視の見込みである。人から褒められそうなものを選び好み、貶されそうなものを避け嫌うだけだ。
162
人生の空しさを知りたければ、恋愛をよく観察すればいい。個人の隠れた非理性的な情事というちっぽけなものが、王侯を、軍隊を、全世界を揺るがす。クレオパトラの鼻がもう少し低ければ、地球の全表面は変わっていただろう。
386
夢の中の経験は毎夜変化するので、それほど人間の心に影響を与えない。しかし、この経験に連続性が生じ夢がひとつに繋がったら、現実の人生と見分けがつくだろうか。 現実においても急な変化が起こると、人は「夢でも見ているようだ」と言う。人生とはいくらか変化の少ない夢にすぎない。
294
正義も法も、時代と場所によってコロコロ変わる。緯度が三度ずれただけで法体系が覆り、盗みも不倫も親殺しも徳に数えられる時代もあった。国境線の上で偶然出会った人と私は何の諍いもないのに、彼は私を殺す権利があると主張するのだ。
309
流行が趣味をつくるのと同様に、流行が正義をつくる。
326
大衆は、法律は法律だからこそ、それを遵守するのであり、その内容の正しさではない。正義に関しても同様である。
295
「この犬は僕のものだよ」「そこは僕が座る場所だよ」と、いたいけな子供たちが言う。「僕のもの、君のもの」ここに全世界における不当な専制と争いの縮図がある。
326
私の短い人生という時間は、無限に続く過去と未来という永遠の海を思う時、そこに呑みこまれ消えていく。そして、なぜこの場所この時がこの私に与えられたのか、何の理由も知らされないまま生き死んでゆく。通り過ぎていく日帰り旅行客の思い出のように。
101
もし、すべての人間が、お互いに裏で語っていることを知れば、この世に友というものはほとんど存在しなくなるだろう。
212
自分が所有するものは、すべていつか誰かのものとして流れ去る。
152
探究心など嘘である。人が知りたいと思うのは、それについて誰かに語るための見栄にすぎない。それを他人に伝える望みがないならば、誰も探検などしない。
298
力のない正義は無力であり、正義のない力は暴力である。前者には反抗する者が、後者には非難する者が出てくる。なので正義と力はひとつにしなければいけない。それには正しい者を強くするか、強い者を正しくするしかない。しかし、正義は議論の的になりやすく批判が容易で、力は問答無用の実行力を持つため承認されやすい。結局、正義に力を与えることはできなかった。なぜなら「お前より俺が正しい」と正義に力が反抗した時、なすすべがないからである。こうして正しい者を強くできなかったので、強い者が正しいものとされた。

(2)へつづく