人生問題考察「自分を信じられない」

※巷にあふれる日常的な疑問を、哲学的に考えてみる。

問題

自分を信じられない(自信がないという意味で)。

考察

基本的に「自分を信じられない」と言う人の大半は、信じる信じない以前の擬似問題で悩んでいます。
「信じる」ということは、そもそもその選択の前に「疑い」がなければ生じないものです。

例えば、私の子供が私の子供である事はたんなる「当然」です。
しかし、突然昔お世話になった病院の産婦人科から連絡があり、出生時の取り違えの可能性があるとの連絡を受けたとします。
そうして私の子が私の子ではないかもしれないという「疑い」が生まれた時に、はじめて、私の子が私の子であることを「信じる」という事態が生まれます。

だから、私が模試で悪い判定ばかりとっていたとして、本試験にのぞむにあたって「自信がない」というのはナンセンスです。
そんなものは単なる「当然」であって、信じる信じないの問題ではありません。
根拠があれば「信じる」ということがそもそも成立しないのです。
勝ちまくっているピッチャーが次の試合で「自信がある」とか、負けがこんでるピッチャーが「自信がない」などと言うのは、過去のデータ(根拠)から導き出された「当たり前」です。
「不合理ゆえに我信ず」という有名な言葉は、裏を返せば、合理的であればそもそも信じる必要もないということです。

だから「信じる」ということは、根拠から推して勝てない公算が同等以上に大きい(いわば「疑いがある」)場合に、それでも戦いにのぞむような時に生ずる概念です。
「信じる」ということは、いわば「賭け」です。
ドラマや漫画によくあるように、数パーセントしか可能性がない時に、それでもそこに自分を賭するときに、はじめて「自分を信じる」という言葉が意味を持ちます。

自分の成果の出来が悪く「自分を信じられない」などという人は、まずそんな言葉を使うことをやめて、それが当然であること(過去にできなかったことは次もできない)を受け容れて、出来るようになるための努力をすべきなのです。
そうやって限界まで努力したけれど、次の勝負で勝てる確率は少ない、けれどそれでも私は「自分を信じて」そこに賭ける。
それが「自分を信じる」ということです。

大した努力もせずに自信がないと落ち込む人には、何か自分を特別な存在だとでも思っているかのような尊大さが見え隠れします。
しかし、やるべきことはやったとしても、それでも自分を疑いながら自分を賭さなければならない状況が、この長い人生において幾度もあります。
そんな時に「えいやっ」と、根拠のない自分を賭けて飛び込むことを可能にする力が「自分を信じる」ということのなかにあります。

そういう意味では「信じられない」ということは、「賭けられない」ということと同義であって、それはそれで非常に合理的でよい生き方だと思います。
自分を信じる信じない、賭ける賭けない、などという感性的なものはどうでもよく、理性的な確率論で物事を選択していくクールな人です。