ベンサムの最大多数の最大幸福(1)

道徳科学とその基準

ニュートン物理学の歴史的な成功の時代にあり、その普遍的で客観的な科学観の影響を受けて、主観的で感覚的なものに拠ることの多かった道徳や法などの倫理的基準にも客観性をもたせることを目指します(ニュートンもベンサムも同じイギリス人です)。
また、イギリス産業革命による資本主義の台頭も重なり、貨幣を基にした価値の数量化による人間の幸不幸の計算と客観的判断が可能となってきます。

物事に客観性を持たせるためには、どうしてもすべてに共通の「基準」になるものが必要となります。
ニュートン力学では「万有引力」が、資本主義では「貨幣(マルクスの項を参照)」がそれにあたります。
そしてベンサムが客観的な道徳科学を打ち立てるためにすべての元となる基準としたものが「快・苦」というものです。

行動原理としての快楽

快苦を人間行動の基準と考えることはベンサムよりずっと以前からあった発想です。
あらゆる動機は本質的に突き詰めていくと、すべて「快苦」にたどり着きます。

長期的な動機としては、私がいま一生懸命受験勉強するのは良い大学に行くためであり、良い大学を目指すのは良い会社に就職するためであり、さらにそれは将来の安定した生活のためであり、さらに安定した生活は快い生を約束します。
短期的に見れば、大学受験に成功すると、達成感や自尊心という快が得られ、社会からの尊敬と利益を得られます。
逆に失敗すると、挫折感、虚無感、劣等感、羞恥心、社会からの蔑視と不利益、等々の苦が待っています。

他人に善いことをするのは他者の笑顔を見るという快を得たいためであったり、他人を助けるのは、罪悪感や後悔や他者からの蔑視という苦痛を避けるためであったりします。
宗教者がいまあえて苦痛を望むのは、神に褒めてもらうという快を得るため、来世の快を得るため、悲劇のヒロインのような選民意識という快を得るため、等々。
人間のあらゆる行為の目的は快を得ること(と同時に苦痛を避けること)であり、一見苦痛を求めるような行動に見えても、それはもっと大きな快を得るための手段としての苦痛です。

人間はそうやって快苦の計算をしながら、つねに行動を選択しています。
原理的にはただ、人間行動を促進するものを「快」、抑制するものを「苦」と定義づけているだけなのですが(批判的に見れば、快だからやる⇔やるから快である、の循環論です)。

最大多数の最大幸福

快楽や功利の原理などというと、どうしても個人の利益のみをイメージしてしまいますが、ベンサムが言うのはあくまでも公的なみんなの利益の総計としての快楽計算です。
そういう誤解を避けるためにベンサムは「最大多数の最大幸福」と言い替えるわけです。
最大多数というのは「公(みんなの総計)」の意であり、最大幸福は「利(の最大量)」の意です。
「功利の原理」は「公利の原理」でもあるのです。
ベンサムはあくまで法学者であり、それを倫理的行為や政策の基準として考えています。

例えば、別に食うに困らない私が小腹の空いた時、ふと柿の木になるひとつの実を見つけて手を伸ばしたとします。
それと同時に三日三晩何も食べていない飢えた子供が手を伸ばしたとします。
わたしがそれを食べたとしても、腹七分目が八分目になる程度の小さな快しか与えませんが、飢えた子供にとってそれは大きな快になります。
その快の両者の総計を計算した時、飢えた子供がその柿を食べた方が「最大多数の最大幸福量」を増大させるため、倫理的にその柿を子供の所有にすることが正しくなります。

(2)へつづく