エリクソンのアイデンティティとライフサイクル(1)

アイデンティティ

アイデンティティとは自己同一性のことです。
それは時間や場所の変化によってコロコロ変わるものではなく、安定して自己が常に同一であるということの意味です。
今、私は私であり、過去においても私は私であったし、未来においても私は私であり続けるだろうという確信。
此処、において私には私固有の役割や居場所があり、孤立ではなく社会という他者との共同性の中で自立した存在であるという確信。

私たちは生まれ落ちた瞬間は、名もない誰でもない誰かです。
そんな私が名を与えられ、役所にその名を登録された時、私が誰であるかが社会の中で位置づけられます。
苗字によって何々家の一員という歴史を背負い、名前によって私が社会の中で固有性をもつことが許されます。
アイデンティティとは完全に社会的な概念です。
無人島で永遠にひとりで生活する人にアイデンティティは必要ありません。
私が他の誰かである可能性がそもそも存在していないところでは、同一性というものが意味を持ちません。

人間が社会的動物である以上、社会の中で心理的に安定して生活していけることが非常に重要になります。
いわば社会の中での私の安定した位置づけ、私が私であること(アイデンティティ)の安心が大切です。
想像してください、過去や歴史というアイデンティティーの重要な要素を剥奪された親のない捨て子の不安を。
想像してください、祖国が二つありどちらに居ても排除される、固有名が二つある通名在日外国人の不安定な心理を。

このアイデンティティをめぐる心の力動関係の歪みが、精神病理的な人格を作り上げる主要な原因になるというのが、エリクソンの考えです。

ライフサイクル

フロイトによる発達段階説をエリクソン流にアイデンティティの発達段階として対応的に示したものがライフサイクルの八段階です。

1、「乳児期・基本的信頼の発達」
絶対的に依存することでしか生存できない無力な赤子にとって、信頼して自分の身を任せられる保護者の世話が必須になります。
もしここで保護者の愛に恵まれない場合、世界を信頼するという自己同一性における基本的な能力を発達させることができず、経験の一貫性や連続性や斉一性を失い、不安定な人格を形成することになります(分裂病質や抑うつ質など)。
私も他者も信じられず、経験そのものにまで及ぶ不信の中で、恒常的な自己同一性を保つことは不可能です。

2、「幼児前期・自律性の発達」
この段階は自分でコントロールしていく(律する)という感覚を発達させる時期です。
身体的成長に伴い、排便の筋力調整や掴む手放すのどの基本動作が可能となり、快適な環境や不快な環境を自分の行為によって生み出せることを学びます。
いわば自由に意志し選択するという自律と自制の能力です。
この能力は後に、愛-憎、共同-自立、自由-責任などの社会的要素を調整するという、自己同一性にとって欠かせない力になります。

しかし、何らかの要因によってこの成長を阻害されると、歪んだ自律のベクトルが生じ、精神病理的な人格構造が形成されます。
例えば、コントロールの対象が自分自身にのみ向いたり、コントロールの手段に対しての異常な固執などが引き起こされた時に生ずる強迫神経症。
自律の失敗(出してはいけない時と場所でウンチをしてしまった等)によって生じる恥の意識を過度に強調して躾をした場合に生じる、永続的で病理的な恥の意識。
親の背後からの統制によって自律を強要することによって生じる背後への疑惑、そこから起こる強迫観念的な怯えと偏執的恐怖感の永続化。

3、「幼児後期・自発性の発達」
幼児前期からより成長した知力と運動能力によって、自律性より更に大きな計画や目標に積極的に取り組む自発性が発達します。
親のしつけという外部の力を内在化し、自分の衝動をコントロールするという内的枠組みを形成する時期で、それは自律性における我意の制御よりも、より安定的で社会化された力強い自発的行為を生み出します。
フロイトの言う「超自我(良心、内在化された親の価値観)」を形成するエディプス期にあたり、これによりまさに私が自発的に行動する行為主体になります。
外部からの要求と自分の内部の欲求とのバランスを取るという、自発性にとってもっとも難しい作業に取り組みます。
この自発性の発達が未熟で後に強い葛藤が起こる時、ヒステリー性の麻痺・抑制・無力化や過剰補償のような病理が生じます。

2へつづく