フロイトの『精神分析入門』(1)無意識

錯誤行為

私たちは日常、多くの錯誤行為をおかします。
言い間違いや忘れ物や失策などです。
意識ではきちんとしているつもりでも、知らず知らずのうちにしてしまう行為。
これを合理的に説明しようとする際にどうしても必要となってくるものが「無意識」の存在という仮説です。

例えば、性的な魅力を感じる異性を家へ招待したとき、玄関で「靴を脱いでください」と言うところを「服を脱いでください」と言い間違える。
嫌いな知人がお店を開いてお祝いのお菓子を持って行って渡すときに、開店祝いと書くところを閉店祝いや開店呪いと書いてしまったりする。
嫌な仕事の書類を受取るときだけ、書類を落としてしまったりお茶をこぼしてしまったりする。

人間には意識的な行為のベクトルをゆがめるもうひとつの力がある、それを仮説することによって原因不明だった錯誤行為を合理的に説明することができる。
これが無意識の発見へとつながる第一の要素になります。

錯誤行為と並んで原因不明なものとして「夢」があります。
これも同じように「無意識」という仮説を立てることによって説明が可能となります。
夢の中の世界では普段現実で体験したものが素材となっていますが、現実からかけ離れたゆがめられた形であらわれます。
その現実経験をゆがめるもうひとつの力が、やはり「無意識」の力です。

例えば、性の問題がタブーとされていたフロイトの時代は、年頃の男女が性的な妄想をすることにすら強い罪悪感を抱いていました。
だからセックスの快楽を直接夢見ることは許されず、空を飛ぶ夢にゆがめられたりします(例えばジェットコースターの無重力の快楽は性的オルガスムスに似る)。
女性の乳房を夢見る代わりにふたつの風船を夢見たり、男性器への興味をきのこ狩りという夢に変形したりします。
女上司のプレッシャーに耐え切れない自尊心の高い男性が、女性ではなく巨大な食虫花(花は女性の象徴 )の化物に追われる夢にゆがめて夢見たりします(女にねじ伏せられるのが許せないための変形)。

神経症

そして第三の人間の原因不明の行為として「神経症的行為」があります。

意識では止めたいと思っても、手の皮がむけるまで手を洗うことを止められない人。
汽車の汽笛の音を聞くと、震えがとまらなくなる人。
眼に異常はないのに、ある状況になると突然眼が見えなくなるという人。

意識上の意図に反した行動、まさに誰か別の人間にでも操られているようにも感じられるこれらの行為を説明するためにも、「無意識」の仮説が必要となります。

治療

原因不明の制御不能な無意識的な行為である神経症的症状を止めるためには、原因の説明を可能としその行為を意識の制御下に置きコントロールする必要があります。
基本的に無意識は過去の経験の中で記憶の底に沈殿したものであります。
特に人間は嫌な経験を忘れようとする、意識に上らないように抑圧する防衛本能があります。
そうしなければ、普段の生活で生きていくためのメモリーが不足してフリーズしてしまいます。
その無意識の底に沈んだ過去の経験を意識に引き上げることによって、制御可能となるのです。

例えば、汽車の汽笛を聞くと震えが止まらなくなる人に対し、精神分析的技法(自由連想法や夢の解釈、催眠など)によって過去の記憶を意識へと引き上げます。
小さい頃に人が汽車に引かれてバラバラになる瞬間を見て、強烈な汽笛の音の中で気絶した過去、そのショッキングな記憶を抑圧して無意識の底へと沈めていた事実、これらを本人の意識の中に引き上げ明確にした時、その症状は自然と消失してゆきます。

2へつづく