アドラーの個人心理学

力への意志

人間の行為の原動力となるものをアドラーは「力への意志(権力への意志)」と名づけます。
前期フロイトが性欲の力(リビド-)に限定したものを拡張して、生命そのものが持つ全体的な力の概念とします。
それは、自分が周りの環境より力を持つことや、今の自分より力を付け成長することなどを志向する、非常に原初的で生命力溢れるポジティブなものです。
力を志向する以上、力のない状態では劣等感(欠乏感のような健康なもの)を、力のある状態では優越感(充足感のような健康なもの)を持ちます。
力のない劣等感の状態(不完全)から、力のある優越性の状態(完全)へと成るように、力への意志は志向します。
アドラーにおける「劣等感」という言葉は、健康的で正常な努力と成長をうながす刺激をさすもので、万人共通の感覚です。

劣等コンプレックス

しかし、この健全な劣等感解消のプロセスが、何らかのネガティブな要因によって捻じ曲がり、精神的に不健康なプロセスを生み出す場合、それを「劣等コンプレックス」と呼びます。
例えば私が陸上競技者で、自分より早いランナーが現れたとき、私は普通に健全な劣等感を感じます。
そして、その劣等感を埋めるために努力して、ライバルのランナーより早く走れるようになることで、健全な優越感をもてるようになります。
これが正常なプロセスです。

これに対しネガティブな解決のプロセスの例を挙げれば、ライバルの悪口(「あいつは隠れてドーピングをしている」など)を流布、妄想することで、相手を自分より低い位置に置き劣等コンプレックスを解消したり、自分の過去の経験を持ち出して「トラウマのせいで私はあいつに勝てない、あのトラウマがなければ問題ないのに…」と偽装された言い訳によって解消したりします。

ライフスタイル

このそれぞれが持つ生き方の姿勢のようなものをアドラーは「ライフスタイル」と呼びます。
健全なライフスタイルが充足感を生み、劣等コンプレックスを基礎としたネガティブなライフスタイルが神経症を生じさせます。
アドラー心理学の治療の目的は、このねじれた神経症的ライフスタイルの方向を、健康なライフスタイルに導くことです。

患者のライフスタイルを特定する方法としては、現在の状況を知るだけでなく、早期回想によって過去の状況を知ること、夢診断によって補助的なデータを得ること、身体の動きや態度などのメタレベルの情報などを分析すること、などになります。
特に基本的なライフスタイル(原型)が定着する幼児期の記憶を早期回想によって得ることは非常に重要になります。

共通感覚(コモンセンス)

では、この正しいライフスタイルと、誤ったライフスタイルを区別する基準は何なのでしょうか。
それが共通感覚(コモンセンス)の有無です。
共通感覚とは、「他者の目で見て、他者の耳で聞き、他者の心で感じ」られる能力です。
基本的にアドラーの提示する個人心理学の目的は社会適応です。
社会なしに個人は成立しませんし、逆もまた同じです。

自分の心の殻の中だけで問題を擬似的に解決するのではなく、共通感覚を用いて社会とのつながりの中で問題を解決することが正しいあり方です。
先ほどの例に替えれば、トラウマを言い訳にして自分の心の中だけで劣等コンプレックスを解消するのではなく、共通感覚を持って社会の土台の中でライバルより早く走れるように練習することです。
優越性の追及に共通感覚がともなえば人生に有益なライフスタイルを生み、優越性を個人の恣意的な感覚でのみ追求すれば神経症的で無益な人生となります。

全体論

ちなみにアドラー心理学は、運命-原因論と自由-目的論の対立を含んだ全体性の中で人間をとらえます。
人生ゲームのサイコロの目は神様(運命論)が決める、しかしそれに対してどうコマを進めるかは私が決める(目的論)、という風なスタンスです。
フロイトの欲動をより全体的な「力への意志」へと捉え直したように、つねに全体論の立場をとります。
意識も無意識も対立するものではなく共同で同じ目的へ向かう相補的なものであり、夢も現実も、個人も社会も、心も身体も、二項対立の関係ではなく、コインの裏表としてひとつのものを成立させている分離不能なものとみなします。

目次へ