フランクルのロゴセラピー(1)

精神因性神経症

精神的な病の原因として、基本的には心理的なものと身体(生理)的なものの大きな二つのカテゴリーが挙げられます。
例えば心理的なトラウマが原因でうつ症状がでている人に、いくらうつの薬を処方しても根本的には改善されず、最終的に薬漬けの人間となってしまう可能性もあります。
逆に原因が身体的なもので投薬によって改善できるものを、心の問題として治療すると、こじらせて長引かせる危険があります。
正しい原因を把握し、その有効な治療の手段を判断する必要があるのです。

しかし、フランクルはこれら二つに属さないもうひとつの原因となる第三のカテゴリーである「精神」を見つけます。
精神というと心と何が違うのか分かりにくいですが、とりあえずはロゴス(概念や意味)を扱う人間の理性的な機能と考えます。
心理的な治療や身体的な治療では改善されない部類の症状を治療するものとして、フランクルは「実存分析(ロゴセラピー)」を掲げます。
例えば、生きる意味が分からずに悩んでうつ症状を発症している人に必要なのは、過去のトラウマや心理学的無意識を知ることでも、投薬でもありません。

フランクルはユダヤ人の強制収容所で多く見たこの症例を、現代社会の中でも見ます。
現代社会は強制収容所と似た構造を持っており、その基本要素として「実存的虚無感」を挙げます。
伝統や歴史や神や自然の規範が失われると同時に、従う指標も崩壊し、自分の行動に何の意味も感じられない根無し草のような現代人です。
いわば「未来を信じ、それを実現するための今の行為に意味を見出す」という人間独自の行為が不可能になっている状態です。
「毎日同じことの繰り返しで何の意味がある」「どうせ何をしたって世界は変わらない」「もう、どうでもいい」・・・。

ロゴセラピー(実存分析)の原理

では、フランクルはこの絶対不可能に見える状況をどう解決するのでしょうか。

それにはまず、実存分析のベースになるハイデガーの存在論を簡単に説明する必要があります。
例えば私の机の引き出しにあるカナヅチにある意味は「大工仕事のために釘を打つ」ということです。
カナヅチの意味は大工仕事という目的(未来)によって照らし出され存在します。
プロ野球投手を目指していたA君が事故で靭帯を損傷しそれを断念した時、その事故の「取り返しの付かないこと」という意味は、未来の「プロ野球選手になること」という目的によって照らし出され存在します。
仮にコンピュータープログラマーになることが未来の目的なら、その事故は「取り返しの付かないもの」という意味ではなく、普通の生活に際して特に問題のない「ちょっとした過去のやんちゃのひとつ」という意味付けになります。
私の世界を構成する現在の事物はすべて、こうやって未来に照らし出されて意味を付与されるのです。

意味がないとは、未来がないということです。
意味がないとは、その事物や行為が単独で孤立してしまっており、未来を軸とした存在の連環の網目から外れてしまっていることです。
フランクルの実存分析は、この意味連環の網目から外れて無意味と化した私の行為を、再編成してそこへ組み入れ直し意味をもたせます。

例えば、会社の重役になり家族に楽させてやることを生きる目的としていた中年男性が、余命半年でいのちを失うことを宣告されたとします。
それにより、目的を軸につながっていた今までの意味連環の網がバラバラになり、現在の行為に何の意味もなくなってしまいます。
そこでフランクルは新しい意味連環の網を作ることを患者に促します。
死を待つだけの何の意味もない現在の生活に意味を持たせるためには、新たな未来(目的)が必要です。
私は死ぬ、しかし子供たちは生きつづける、ならば目的は子供たちの未来に向ければいい。
私の死に様を見せることにより、死や病にも負けない人間の自由と尊厳の可能性を子供たちに提示すること。
重役になれず与えられなかった物質的な豊かさの代わりに、きっと未来に役立つ苦境に負けない精神的な強さを、私の態度によって教えられるのではないかという期待です。
それにより、無意味だった私の現在の行為は意味を生きはじめます。

2へつづく